お守りパワーストーンの選び方

 

パワーストーンの選び方は、直感で選ぶ方法や意味から選ぶものなどもありますが、古代から風水や占星術と関りが深いので、守護石から選ぶのもいいでしょう。

 

生まれ月の守護石とされ、ユダヤ教祭司が12種類の宝石を胸につけたのがはじまりとされています。誕生石として代表的なものをご紹介します。

 

・誕生石

1月-ガーネット、2月-アメジスト、3月-アクアマリン、4月-水晶、5月-ヒスイ、6月-月長石、7月-ルビー、8月-ペリドット、9月-ラピスラズリ、10月-トルマリン、11月-シトリン、12月-ターコイズ

 

自分の誕生石を身につけると持ち主の性格、特徴や人柄を引き出し、高めると言われています。その月の守護石として、月ごとに石を変えて身につけて楽しむのもおすすめです。

 

誕生石の他にも干支本尊が持つ性質を基に考えられた干支の守護石をご紹介しましょう。

 

・干支の守護石

子-琥珀、丑年-ムーンストーン、寅-タイガーアイ、卯-ヒスイ、辰-ガーネット、巳- ヘマタイト、午-ルビー、未-珊瑚、申-水晶、酉-シトリン、戌-ラピスラズリ、亥-ローズクォーツ

 

生まれた干支の守護石をお守りにしてもいいですし、その年の干支の守護石をお守りにするのもオススメです。梵字と合わせて持つとよいとされています。

 

意味や守護などから選ぶだけではなく、天然石から感じる印象なども石選びにはとても大事です。見ていて心が落ち着く、安心するものを選ぶといいでしょう。

愛の世界